ピンキッシュボーテに副作用はない?成分から安全性を調べてみた!

黒ずみケア

ピンキッシュボーテは女性が体の気になる部分の黒ずみを自宅で簡単にケアできることから、今注目されているケア用品です。

しかしピンキッシュボーテはデリケートな部分に塗って使う商品でもあるため、その安全性が気になってなかなか使用に踏み出せないという人もいるかもしれません。

そこでこのページではピンキッシュボーテの全成分を調査し、副作用を起こす可能性がある成分は含まれているのかどうかなど、その安全性についてまとめています。

ピンキッシュボーテの商品画像

また、妊娠・授乳中の使用や敏感肌・アトピー肌の人が使っても大丈夫かどうかについても合わせて調査していますので、参考にしていただければ幸いです。

ピンキッシュボーテの全成分!副作用の心配は?

その商品の安全性を知るには、どんな成分が含まれているのかを調べる必要があります。

そこでピンキッシュボーテの公式通販サイトを確認してみると、そこにはピンキッシュボーテに含まれるすべての成分が表示されていました。

白衣の女性

全成分と有効成分

ピンキッシュボーテの有効成分及び全成分はこのようになっています。

有効成分・・・水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K
その他の成分・・・ビサボロール、3-O-エチルアスコルビン酸、米糖抽出物水解液A、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、酵母多糖体末、プルーン酵素分解物、スターフルーツ葉エキス、アーティチョークエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カモミラエキス-1、ステアロイルフィトスフィンゴシン、トレハロース、天然ビタミンE、エチルヘキサン酸セチル、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、ジメチコン、BG、カルボキシビニルポリマー、1,2-ペンタンジオール、水酸化K、フェノキシエタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、水添大豆リン脂質

ピンキッシュボーテ公式通販サイトより

注目したいのはこの中でも美白成分である水溶性プラセンタ・色素沈着を抑制する作用があるビサボロール・チロシナーゼ抑制作用のある加水分解コメヌカエキスの3つです。

これらの成分がメラニンの生成を抑え、黒ずみが気になる部分を透明な美肌へと導いてくれます。

ピンキッシュボーテが黒ずみをおさえる仕組み

副作用の可能性について

これらピンキッシュボーテの全成分には、これまでに”副作用があった”という報告がされている成分は含まれていないため、その心配はほとんどありません。

また、キッシュボーテには肌への刺激が強い成分も極力使用されていないため、肌がノーマルな状態の人は特に肌への影響を気にする必要もありません。

ほっとする女性

ピンキッシュボーテを最安値で購入する方法については、当サイトでもこちらの記事で説明しています。
ピンキッシュボーテを最安値で買う方法

ピンキッシュボーテの安全性が高い理由

このように含まれる成分を調べてみてもピンキッシュボーテの安全性が高いことはわかるのですが、さらに安心して使える特徴が他にも2つあります。

指示棒を持つうさぎ

国が認める医薬部外品

ピンキッシュボーテは医薬部外品にあてはまりますが、そもそも”医薬部外品”とは厚生労働省の薬事法で定められたものとなります。

『その作用が穏やかに効き効能・効果が期待できる成分が入っているもの』だけが医薬部外品としての販売を許可されているため、ピンキッシュボーテは厚生労働省=国からも認められた商品ということになります。

ピンキッシュボーテはセルノートと同じメーカー

品質管理や安全性の追求

たとえ効果を実感することができても、もしそれによって肌へ刺激があっては元も子もありませんよね。

その点、ピンキッシュボーテはそういったリスクをできるだけ減らしながら、何度もテストを繰り返し作られた安全性を追求した商品です。

工場の写真

またその品質管理にもこだわりが見られ、製造しているのは公的機関の認証を受けた実績のある化粧品工場となります。さらにこの工場では厳正な品質管理も行われています。

初回0円!ピンキッシュボーテの公式通販サイトを見てみる

ピンキッシュボーテは敏感肌やアトピーの人でも使える?

ところでピンキッシュボーテは普段から化粧品でトラブルが起こりがちな敏感肌であったり、アトピーを持つ女性でも使うことはできるのでしょうか?

肌トラブルをかかえる女性

先ほども紹介したようにピンキッシュボーテは刺激のある成分は使用されていないため、普段から肌があまり強くない方でも比較的に安心して使用することができます。

ただし、使用されている成分の中に今までアレルギー反応が出たことのある人はその点にだけ注意していただければと思います。

また、アトピー性皮膚炎の方の使用も基本的には問題がないのですが、使用する時点でその部分に赤みや腫れ・かゆみといった症状が強く出ている場合は、それが収まるまでは使用を避けたほうがよいでしょう。

説明するふくろう

もしすでに症状が出ている部分にピンキッシュボーテを塗ると、肌の状態が悪化してしまう恐れがあるため注意が必要です。

使用前に不安を少しでも感じるという場合は事前に簡単なパッチテストを行うのがおすすめです。

肌のやわらかい部分(ひじの内側など)に500玉大ほどピンキッシュボーテを薄く塗り、そのまましばらく放置してから(数時間~半日程度)洗い流します。その際に肌へ異常がないかどうかを確認し、何も変化がないようでしたらOKです。

もしピンキッシュボーテ使用中に肌へ異変を感じた場合はすぐに使用をやめ、しばらく様子を見る・かかりつけ医に相談などするようにしましょう。

受診する女性

ピンキッシュボーテは妊娠中にもおすすめ!授乳中は?

ところで意外に思われるかもしれませんが、ピンキッシュボーテは妊娠中の女性でも問題なく使用することができます。

おすすめは妊娠中

妊娠中というのはホルモンバランスが乱れ安く、プロゲステロン(女性ホルモン)の分泌量が多くなります。するとメラニン色素を作る働きが促進されてしまい、乳首やワキ・お腹への色素沈着が起こりやすくなります。(くすみ・黒ずみなど)

そのため妊娠中にこれに悩まされる女性も多く、「妊娠中に初めてピンキッシュボーテを使った」という方も少なくないようです。

妊婦さん

また、産後には黒ずみの原因となるプロゲステロンの分泌量が収まってくるため、妊娠中からケアを継続することで元きれいな色味に戻りやすくなります。

授乳中はNGな部分も

このように妊娠中から産後にかけての黒ずみケアにはおすすめであるピンキッシュボーテですが、残念ながら授乳期間中は乳首への使用はおすすめできません。

授乳中の女性

なぜなら乳首は赤ちゃんが母乳を飲むために頻回口にすることになるからです。

その都度ピンキッシュボーテをきれいにふき取って授乳・・・というのは、産後の忙しいお母さんにとってあまり現実的ではないため、この期間の乳首への使用は控えて下さい。

ただしワキやデリケートゾーンなど、赤ちゃんの口が触れる可能性がない部分へのピンキッシュボーテ使用は授乳中であっても特に問題ありません。

ピンキッシュボーテは安全性が高く副作用の心配はナシ!

このように安全性や副作用について調べてみた結果、ピンキッシュボーテは安全性が高く多くの女性が安心して使うことができる商品であることがわかりました。

ただし、以下の点には少し注意していただければと思います。

  • ピンキッシュボーテに使用されている全成分に対してアレルギーを持っていないかどうか
  • アトピー人は使用開始時点で肌の調子が悪くないかどうか
  • 敏感肌で気になる場合は事前にパッチテストを行う
  • 授乳中は赤ちゃんの口に触れる箇所(乳首)には使えない

ピンキッシュボーテは公式通販を利用することで、初月実質0円でオトクに購入することができます。これに関してはこちらの記事で詳しく書いていますので、合わせてお読みください。
ピンキッシュボーテは市販あり?どこで売ってる?【最安値で買う方法】