ラシュシュナノプラスは安全性に問題なし?!副作用は大丈夫?

バストアップクリーム

バストへ塗るってケアするクリームであるラシュシュナノプラスは、安全性に問題がないのでしょうか?
ラシュシュを使用する前に発がん性や副作用の有無について知っておきたい人も多いのではないかとおもいます。もちろんバストアップすることは重要ですが、それによって健康を害してしまっては元も子もありませんからね・・・

そこでこのページではラシュシュに使用されている成分からその安全性を徹底的に調査しています。

副作用の有無はもちろん、発がん性物質は含まれていないのか、もしトラブルがあった際はどのように対応すればよいかについても触れていますので、ラシュシュ使用時の参考にしていただければ幸いです。

ラシュシュには安全な成分しか入っていない?

ラシュシュナノプラスは安全なバストケア商品なのでしょうか?それを知るにはラシュシュに入っている成分を知る必要があります。

ラシュシュの全成分

そこでラシュシュの全成分を調べてみたところ、原材料名として公式サイトでこのように明記されていました。

調査する女性

水、BG、グリセリン、エタノール、カルボマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロ イルジメチルタウリンNa)コポリマー、水添ポリイソブテン、キサンタンガム、メチルパ ラベン、プロピルパラベン、水酸化K、アクリル酸アルキルコ ポリマー、ダイズ油、オレンジ油、水添レシチン、トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(VP/ポリカルバミルン酸ポリグリコール)コポリマー、チガ ヤ根エキス、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、ヘマト コッカスプルビアリスエキス、アスタキサンチン、アーモンドエキス、カラスムギ穀粒エキス、ハナスゲ根 エキス、PEG-8、セルロースガム、ホップ花エキス、加水分解酵母、 炭酸水素Na、フェノキシエタノール、ジ酢酸ジペプチド ジアミノブチロイル ベンジルアミド、レシチン、リン酸Na、アセチルデカペプチド-3、金、ヒト遺 伝子組換オリゴペプチド-1、銀、香料

ラシュシュ公式通販サイトより

ここで注目しておきたいのは、ラシュシュの成分一覧にはバストケア商品に配合されることが多い「プエラリア・ミリフィカ」が載っていないという点です。

ラシュシュはプエラリア不使用

ラシュシュには、2017年頃に健康被害が多く報告されたプエラリア・ミリフィカという成分は使用されていません。

プエラリアのイラスト

その代わりにバストアップ成分としてラシュシュに使用されているのが、”ボルフィリン”という成分になります。

ボルフィリンの作用に関しては後の段落で詳しく説明したいと思います。

発がん性物質は使われている?

バストへ塗ることになるラシュシュには、乳がんなどを引き起こす発がん性物質が含まれていないかどうかが気になる方も多いかと思います。

発がん性物質のイメージイラスト

代表的な発がん性物質といえばこのようなものが考えられます。

アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
アセトン
ソプロピルメチルフェノール
ポリオキシエチレングリコールモノ脂肪酸エステルPEG
ジエタノールアミン〈DEA〉
トリエタノールアミン〈TEA〉
オルトフェニレンジアミン
オルトフェニルフェノール〈OPP〉
ジブチルヒドロキシトルエン〈BHT〉
ジブチルヒドロキシアニソール〈BHA〉
ウロカニン酸エチル
クロルキシレノール
クロロフェノール
サッカリンナトリウム
ホルムアルデヒド
タール系

そしてこれらの成分とラシュシュの成分を照らし合わせてみると、一切使用されていないことがわかります。

そのためラシュシュには発がん性はないと判断しても間違いないでしょう。

安心の国内生産

さらにラシュシュは日本国内で、日本人の肌に向けて作られた商品であるため海外製のものに比べると肌にトラブルが起こる確率は低いと思われます。

ほっとする女性

また、着色料や合成香料・界面活性剤や防腐剤なども使われていないためこれらの添加物で今までにトラブルがあった人でも安心して使用することできます。

これら4つの点をトータルで考えると、ラシュシュの安全性は極めて高いと言えるのではないでしょうか。

ラシュシュをオトクに買う方法についてはこちらの記事で詳しく書いています。
ラシュシュを最もオトクに買う方法について

ラシュシュに副作用はない?プエラリア不使用のメリット

先ほど少しふれたように、ラシュシュにはサプリで多くの健康被害が報告されたプエラリアは使用されておらず、そのかわりにバストアップ成分として使用されているのがボルフィリンという成分になります。

ボルフィリンってどんな成分?

ボルフィリンはユリ科のハナスゲ根に含まれる「サルササポゲニン」と呼ばれる原料の中からDNA配列で解明されたもので、フランスで実績のあるセダーマ社が研究・開発した成分です。

ハナスゲの画像

ボルフィリンは女性ホルモンに直接働きかけるプエラリアとは異なり、塗布した部分の脂肪細胞を分化させ脂肪を増やす働きをすると言われています。

プエラリアを使わないメリット

ラシュシュはバストアップ成分としてボルフィリンを使用しています。

そのためプエラリアを使用した製品(サプリ)で起こるとされている、月経不順・不正出血・腹痛・下痢・嘔吐・発疹・蕁麻疹の心配はほぼないと思われます。

マルを示す女性

プエラリア使用のクリームは危ない?

ところで一つ確認しておきたいのは、「プエラリアを使用したバストケアクリームは危ないのか?」という点です。

プエラリア・ミリフィカに関しては日本医師会からもこのような注意喚起がされています。(プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の使用にご注意を!

しかしこれは飲んで使うサプリが該当するため、バストアップクリームに関してはこの限りではありません。

そのため現在でもプエラリアを使用したバストケアクリーム(例:クレセール) が販売されていますが、これを使うと副作用があり危ないというわけではありません。

それでも「プエラリアが使われたバストケアクリームは不安だから使いたくない・・・」という方には、プエラリアが一切使われていないラシュシュのようにボルフィリンを主成分として作られたクリームがおすすめです。

ラシュシュをオトクに買う方法については当サイトの別記事でもまとめていますので、こちらも参考にお読みいただければと思います。

ラシュシュはどこで安く買えるのかを徹底調査してみた

ラシュシュを使う際の注意点

ラシュシュには発がん性があったり副作用を引き起こす成分は使用されていないため、基本的にはどんな女性にも問題なく使用することができると思われます。
ですが、よりラシュシュを安全に使うためには以下の点に注意していただければと思います。

皮膚にキズや異常があるときは使わない

まず第一に、バスト周辺に肌荒れやケガなどで傷があるときは使用するのを控えるようにしてください。

救急箱のイラスト

これ関しては公式サイトでもこのように使用上の注意として掲載されています。

●傷、湿疹などお肌に異常のあるときはご使用しないで下さい。

ラシュシュ公式通販サイトより

使う前にパッチテストをする

そしてラシュシュを初めて使う時には、肌が弱い・強いに関係なくできるだけパッチテストをするようにしてください。

パッチテストとはその成分に対してアレルギー反応が起こらないかどうかをチェックするための簡単なテストです。

パッチテストをする女性

その方法としてはひじの裏側など目立たないところに500玉程度の範囲でクリームを塗り、できるだけ洗わないようにして48時間程度様子を見ればOKです。
48時間が長すぎて難しい場合は、だいたい30分~1時間程度様子を見れば異常が現れることが多いので、このくらいを目安にしていただければよいかと思います。

使用後は手をよく洗う

パッチテストで問題がないようであればラシュシュを使い始めてOKですが、バストへ塗りマッサージした後は必ず手を良く洗うようにしてください。

手を洗うイラスト

ラシュシュはぬった部分の脂肪細胞を分化させ脂肪を増やす働きがあります。
意図しない部分(たとえばウエストやヒップなど)に脂肪がついてしまうのを防ぐためにもこれを必ず守るようにしましょう。

高温や直射日光がある場所での保管

ラシュシュは基本的に一か月で一個を使用するため長期にわたって保管することはあまりないと思われます。

とはいえクリームが変質してしまうのを防ぐためにも極端な低温・高温であったり直射日光があたる場所でラシュシュを保管するのは避けたほうがよいでしょう。

中古品は買わない

フリマアプリなどで個人からラシュシュを購入する場合、公式通販に比べて安く買えるかもしれませんが、それまでどのように保管されていたかを知ることはできません。

もしかしたら保管状況が悪く、クリームが変質してしまっていることも考えられます。

そのため、ラシュシュはきちんとしたお店から新品を購入するのがおすすめです。

新品のラシュシュ

その点、公式通販であれば万が一購入したばかりでクリームに異常があった際もきちんと対応してくれるため安心ですね。

お得な定期コースも用意されているラシュシュ公式通販についてはこちらの記事でまとめています。
ラシュシュをお得に買える公式通販サイトについて

ラシュシュを使ってトラブルが起きたときは

これらの点に注意してラシュシュを使用すればトラブルは起こりにくいと思われますが、万が一なにか異常が起きた際はすぐに使用をやめるようにしてください。

その後、かかりつけの医者やラシュシュのカスタマーサポートへ連絡して相談するようにしましょう。

ところでラシュシュには使用後にトラブルが起きた際の返金保証については特に記載がないため、おそらく対応してもらうのは難しいと思われます。

NGを出すひよこ

その点、バストケアクリームのクレセールであれば返金保証があります。これに関しては当サイトの別記事で詳しく説明しています→クレセールの返金保証、注意点は?

ただしクレセールにはサプリにおいて副作用が懸念されているプエラリアが使用されているため、そこが気になる方にはあまりおすすめできないのが難点です。

こんな人でもラシュシュは使える?

ラシュシュはバストを大きくしたい女性なら基本的に誰でも使用できるのですが、以下の場合は少し注意していただければと思います。

授乳中の人

授乳中であってもラシュシュは女性ホルモンに作用する成分が含まれていないため、基本的に使っても問題はありません。

授乳する女性

その際は授乳時に赤ちゃんにクリームがつかないよう、事前にきちんと洗っておく必要があります。

しかしながら赤ちゃんが0歳のときは授乳を平均して3時間起きに行う必要があるため、ラシュシュを使用する時期としてはあまり向いていないという印象があります。
そもそも授乳時にはバストが1~2カップ大きくなることが多いため、あまりこの時期にラシュシュを使う必要はないかもしれませんね。

生理中やピルを服用している人

生理中のラシュシュ使用に関しても、やはり女性ホルモンに影響があるわけではないため特に問題はありません。ただし生理中は胸が張り傷つきやすくなっているためマッサージは極力やさしく行うようにしましょう。

また生理開始直後~2日程度は胸に刺激を与えることで子宮内膜の剥がれを阻害してしまう心配もあるため、マッサージ自体を控えたほうがいいでしょう。

リラックスする女性

中学生や高校生

中学生や高校生など10代の女の子がラシュシュを使用しても、女性ホルモンへ影響を与える成分が含まれていないため特に問題はありません。

ただし先ほど説明したように生理中は注意することに加えて、ラシュシュの定期購入には期間の縛りがあるためある程度の金額がかかるという点を理解しておく必要があります。
もし中学生や高校生の子がラシュシュを使用する場合は、親御さんとよく相談して総支払金額を把握して納得の上購入するようにしてくださいね。

ラシュシュをより安全に使うために!

ラシュシュには副作用を引き起こす成分や発がん性物質が含まれていないため、安全に使用することができるバストケアクリームです。

ただし使うタイミングや状況によっては少し注意が必要となるため、楽しくバストケアをするためにも当ページで説明した内容を頭の片隅においていただければと思います。

お得な定期便が用意されているラシュシュ公式通販についてはこちらの記事でまとめています。
ラシュシュをお得に買える公式通販について

また、ラシュシュの効果に関する口コミはこちらの記事で紹介していますので、気になる方にはこちらも合わせてお読みいただければと思います。

ラシュシュの口コミから評価を徹底調査!